人間禅道場

〒272-0827
千葉県市川市国府台6-1-16
TEL 047-373-7572
●北総線矢切駅徒歩5分
メインメニュー
ブログ
検索
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
トップ  >  禅と地域活動 岡根谷無刀

 人間禅京葉支部の活動拠点である本部道場は、千葉県市川市の北西部に位置し、西に江戸川を隔てて東京都と相対し都心まで20キロ圏内でありながら、梨栽培などの農業が盛んで屋敷林などの緑も多く、また学園も多い文教・住宅地域となっております。

 本部道場は、約千坪の敷地内に禅堂を中心に庭園、茶室、さらには剣道場も備えており、禅(静坐会)と共に各種技芸道の稽古(同好会)を行っており、これらを通じて地域の方々と交流しております。また、建物の一部を保育園として提供しております。近年は女性の就業が求められているにも関わらず、この地域でも保育園が足らない状況であり、地域への大きな社会貢献となっております。

 静坐会は本部道場での静坐会と近隣地区の公民館での静坐会とがあり、一般社団法人耕雲塾KUJによる静坐倶楽部として運営しております。週会費300円、月会費千円、もしくは年会費1万円で何れの静坐倶楽部にも参加可能というシステムとしております。

・「本部道場静坐会」
 日曜静坐倶楽部、耳順会静坐倶楽部(火曜日)、水曜静坐倶楽部、早朝静坐倶楽部 (日曜日を除く毎日)、女性静坐倶楽部 (毎月第1・3金曜日)

・「近隣地区静坐会(公民館など利用)」
 市川静坐倶楽部、松戸静坐倶楽部、船橋静坐倶楽部、江戸川静坐倶楽部

 同好会は禅堂、茶室などでの文化系の同好会と付属剣道場での武道・運動系の同好会とがあります。

・「文化系の同好会」
 茶道、陶芸教室、写経、俳句、書道、詩吟、囲碁

・「武道/運動系の同好会」
 剣道、太極拳、空手、エアロビクス

 以上のように、「禅と地域活動」の輪を広げようとしているのですが、最も縁を作りたいところの近隣の多くの世帯は、東京に通勤しているサラリーマン家庭が多く、日々仕事と家庭のことで忙しく人間禅道場の存在さえ知られていないのではと思われます。このような状況の中で、剣道、女性静坐倶楽部について、的を射た取り組みと感じておりますので、ここにご紹介いたします。

 剣道の会は、人間禅の大先輩、現代剣道界の最高峰小川忠太郎範士九段(無得庵小川刀耕老居士)が、日本に本物の剣道を残すべく生涯をかけた剣禅一味の会であります。最初、子供に剣道をさせようと見学に来た親子に、ご両親も一緒に稽古することを勧めるようにしています。実際に自身で稽古してみるとその意義がわかるのでしょう、子供よりも一生懸命に静坐、稽古をしている親御さんがたくさんおります。

 女性静坐倶楽部は、京葉支部の女性会員が主体となって開催しています。幼子のある参加者には静坐会の間、子供を保育園に無料で預かり、静坐会の後には茶話会をしていただいております。地域に根ざして奮闘しているのは母親であります。女性静坐会の今後の発展に大いに期待しております。

 最後になりますが、今後も「禅と地域活動」について創意工夫をしていく所存であります。皆様からのご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

◇著者プロフィール
昭和55年東京理科大学理学部卒。卒業後、大手会計事務所系コンサルティング会社に勤務、平成21年に退職。現在は歯科用医療機器メーカー監査役。11歳で宏道会に入会し剣道を始め、小川忠太郎先生(剣道範士九段・元警視庁名誉師範)に師事。現在、宏道会会長。平成18年人間禅丸川春潭老師に入門。現在、人間禅布教師。京葉支部長。
 

『禅』誌43号(平成26年1月1日発行)より転載

プリンタ用画面
前
法話・講演録
カテゴリートップ
講話・随筆
次
京葉道場「棋禅一味の会」のご紹介 木村桃雲