人間禅道場

〒272-0827
千葉県市川市国府台6-1-16
TEL 047-373-7572
●北総線矢切駅徒歩5分
メインメニュー
ブログ
検索
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
トップ  >  今月の禅語 平成二十八年六月分
別無工夫

 
      
()()()()

  別無工夫     (べつ)工夫(くふう)()
 京都の臨済宗の名刹相国寺(しょうこくじ)に、開山()(そう)()(せき)(1275~1351)の筆になる「別無工夫――別に工夫(くふう)なし」という竪一行の大幅が伝存している。だがこれはどういう意味であろうか。「工夫」とは今日では一般に「何かある仕事をやろう、物を作り出そうなどとして、困難につきあたったりした時に、どうしたらそれを解決できるかといろいろ思慮分別をめぐらし、難関打開の手段や方法を考え出すこと」の意味に解されている。 ところで禅家では「工夫」の二字をすこぶる重んじて用いているがその工夫が先の意味であろうはずはない。禅はもともと思慮分別をめぐらして小細工(こさいく)することを最も嫌うものだからである。
 およそ禅家でいうところの工夫とは、「辯道」と同意語で、余念なく修行に精進することの謂いである。坐禅の時は坐禅三昧になりきり、公案の工夫の場合には公案を工夫する自己と工夫される公案と不二一如になることである。
 ところが夢窓国師は「別に工夫なし――禅の修行者には特別な工夫瓣道というものはない」というのである。これは「修行にはげめ」と強調し、「公案の工夫に骨折れ」と説き「正念工夫、不断相続」を重んじる禅としては、どうも矛盾した教えのように思われるであろう。としたらこの「別に工夫無し」とはいったいどういうことなのであろうか。 これについて明快な指示を与えてくれるのは、夢窓国師の代表的な著書である「夢中問答」中巻にある「万事と工夫と差別なし」という一章である。それを要約すると、ほぼ次のようになるであろう。およそ鎌倉時代のわが国の禅寺では、南宋の禅寺のしきたりにならって、毎日「四時の坐禅」といって時刻と時間とを定めて禅堂で坐禅が行われていた。黄昏(こうこん)(午後八時)・()()(午前二時)・早晨(そうしん)(午前十時)・()()(午後四時)の四つがそれである。これは初心者や道心微弱なものを導くための手段であって、せめてこの間だけでも工夫せよというもので、いわば最小限の修行であり、下等の修行者というべきである。では上等な修行者とはどういう人であろうか。
次に「夢中問答」の一節をそのまま引用すると
 工夫の中に衣を著し飯を食し、工夫の中に行住坐臥し工夫の中に見聞覚知し、工夫の中に喜怒哀楽す。若しよくかようならば、工夫の中に万事をなす人と申すべし。これ則ち無工夫の工夫、無用心の用心なり。
 とある。このように「万事と工夫と差別なし」という境涯に生きる人、これがいわば上等の修行者である。着衣・喫飯・行住・坐臥、日常の万事と離れて別に工夫があるとせず、一切時・一切処の所作がそのまま工夫であるとして、「無工夫の工夫、無用心の用心」をする人こそが本格の禅者だというのである。
  芳賀幸四郎著「新版一行物―禅語の茶掛け  上巻より
                                人間禅
 
プリンタ用画面
前
今月の禅語 平成二十八年七月分
カテゴリートップ
今月の禅語
次
今月の禅語 平成二十八年五月分