人間禅道場

〒272-0827
千葉県市川市国府台6-1-16
TEL 047-373-7572
●北総線矢切駅徒歩5分
メインメニュー
ブログ
検索
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
トップ  >  今月の禅語 平成二十七年五月分
松直棘曲
        
()()()()   
 松 直 棘 曲   (まつ)(なお)(いばら)(まが)れり
 
 
宇宙間に存在する一切のものは、みな宇宙の大生命・仏教のいわゆる『(にょ)』・儒教の『天命』の顕現であり、換言すれば一切のものはみな仏性(正しくは法性という)を具有している。その点からみれば松も(いばら)も、烏も(さぎ)もみな無差別平等であり、一如である。 しかし具体的に存在する形相をみると松はまっすぐに伸び、棘は曲がり、烏は黒く、鷺は白く、それぞれに個性を発揮してその自性をいつわることがなく、差別歴然である。しかも松は直いからとて威張ることなく、棘は曲がっているからとて自らを卑下することもなく、みなそれぞれに独立独歩で存在している。
「松は直く棘は曲がれり」とは、右の真理を述べたもので「桃紅李白」や「烏黒鷺白」などと同類の句である。
 
 芳賀幸四郎著「新版一行物―禅語の茶掛け 上巻」より  人間禅
プリンタ用画面
前
今月の禅語 平成二十七年六月分
カテゴリートップ
今月の禅語
次
今月の禅語 平成二十七年四月分