人間禅道場

〒272-0827
千葉県市川市国府台6-1-16
TEL 047-373-7572
●北総線矢切駅徒歩5分
メインメニュー
ブログ
検索
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
トップ  >  今月の禅語 平成二十五年八月分
()()()() 
 
 
喫茶去  きっさこ     (

   
 
   
喫茶去   喫茶去(きっさこ)
 「喫茶去」とは「お茶をおあがりなさい」という意味の言葉で、喫茶の習俗の普及しはじめた中国の唐代では、おそらく日常の挨拶語として使用されていたものと思われる。その「喫茶去」の三字が禅僧社会に喧伝されるようになったのは「臨済録」の「且坐( しゃざ )喫茶(きっさ)」―「(   しば   )らく坐ってお茶をおあがり」という語とともに茶に関わるものなので、茶人にも親しまれ、それだけに一行物などによく揮毫されるようになったのであろう。「去」の一字はここでは「去る」という意味ではなく、単なる意味を強める助辞にすぎない。
 この三字が古来、公案としてやかましくいわれ、一行物などによく揮毫されるのは、先きにも触れたように、「趙州喫茶去」の公案に由来するのであるが、その公案とはどのようなものであろうか。
 「五燈会元」の趙州従諗(    じゅうしん    )の章に、次のような問答が記されている。趙州は雲水(修行者)が訪ねて来ると、きまって「(  かっ  )此間(  すかん  )に到るや」-「あんたは前にここに来たことがあるかい」と尋ねるのを例としていた。そして「はい、前に来たことがあります」という雲水にも、「いや、来たことがありません、初めてです」という雲水にも同じように、「喫茶去」-「まあ、お茶をおあがり」と応対されていた。
これを見て趙州の寺の院主(寺の事務面を司る僧)が不審に思い、「かってここに来たことのある雲水にも、初めて来たという雲水にも一様にお茶をおあがりといわれるのは、どういうわけでしょうか」と尋ねた。
すると趙州はこの問いには何の釈明もせず、「おい、院主さん」とよびかけた。よばれたので院主が思わず「はい」と返事をすると趙州すかさず「喫茶去」といわれたというのである。
これが有名な「趙州喫茶去」の公案で、誰に対しても一様に「まあ、お茶をおあがり」と応対した趙州の(  はら  )と境涯とをよく看破し、これにスラリと適切に応対してみよ、というのがこの公案の眼目である。
その場合、趙州の境涯を洞察しその肚を看破する手がかりとなるのは、「( かっ )此間(  すかん  )に到るや」という彼の問いそのものである。「此間」とは「此処(ここ)」という意味で、一応表面上は趙州の住持していた寺のことで、おそらく観音院をさしていると思われるが、内実は趙州のドンと坐っているところ、すなわち悟りの境地を暗に意味しているのである。したがって、この問いは単に「前にこの寺に来たことがあるか」とだけ問うているのではなく、「お主はすでに悟りを得ているか」と問うているのである。趙州 は訪ねて来た雲水らの境涯を看破するために、こういう型の問いをよく発したようである。
 芳賀幸四郎著『新版一行物ー禅語の茶掛ー』上巻より          人間禅
 
 
プリンタ用画面
前
今月の禅語 平成二十五年九月分
カテゴリートップ
今月の禅語
次
今月の禅語 平成二十五年七月分