人間禅道場

〒272-0827
千葉県市川市国府台6-1-16
TEL 047-373-7572
●北総線矢切駅徒歩5分
メインメニュー
ブログ
検索
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
トップ  >  今月の禅語 平成二十四年十月分
() ()()
知足  足るを知る
   
         
 
   
                   


       
    
 知()(そく)      ()るを()

 仏教徒なら誰しも唱える「懺悔文」に
 ()昔所造(しゃくしょぞう)諸悪業(しょあくごう)     我が(むかし)より造る(つくる)(ところ)諸悪業(しょあくごう)
 (かい)由無始貪瞋癡(ゆうむしとんじんち)     皆な無始の貪瞋癡に()る 
という二句がある。貪欲(どんよく)瞋恚(しんい)愚癡(ぐち)の三つが人間の一切の悪業・迷いの根源だというのであり、事実そのとおりである。この貪瞋癡(とんじんち)の「三毒」いずれも抜きがたいものであるが、わけても退治しがたいのが、ガツガツとして飽くことをしらぬ(むさぼ)りの欲である。
そしてこの貪欲(どんよく)引きずり()ひんまわされて迷っている境涯(きょうがい)餓鬼(がき)(どう)というのである。
貪瞋癡(たんしんおろ)三毒(さんどく)離脱(りだつ)して、迷いの境涯(きょうがい)から悟りの境涯へ入るべきことを説く仏教では、それだけに貪欲の退治をいろいろな角度から説いているが、貪欲退治・餓鬼道離脱のために何より大切な心がまえだとして強調するのが、この「知足」の二字、「()るを知る」ということである。
 事実、(ゆい)(きょう)(という経典には
 若し(もろもろ)の苦悩を脱せんと欲せば、まさに知足を観ずべし。知足の法は即ち富楽安穏の処なり。知足の人は地上に臥すといえども、なお安楽なりとなす。不知足の者は天堂に()るといえども、また意にかなわず。不知足の者は富むといえども、しかも貧しく、知足の人は貧しといえども、しかも富めり。
 と説かれており、「法句経」には「知足は第一の富なり」とみえている。
しかも老荘の教えもまた知足を力説していることは、「老子道徳経」の第三十三章に「足るを知るものは富む」とあり、第四十四章に「足るを知れば辱められず、止まるを知れば()(あやう)うからず、以て長久なるべし」とあることで察せられよう。
 また仏教や老荘の思想を摂取した「菜根譚(さいこんたん)」には
人は只だ一念(とん)(し  )なれば……智を(ふさ)いで(こん)と為し……潔を染めて()と為し、一生の人品を()(りょう)す。故に古人は貪らざるを以て宝と為す。(前集七八)
(すべ)て眼前に来る事、足るを知る者には仙境、足るを知らざる者には凡境。(後集二一)
 と説かれている。
  若い方がたには、「足るを知って貪ることなかれ」というこの教えは、消極的すぎて抵抗を感ずるかもしれない。ともあれ、知足はたしかに「富楽安隠」の法門である。
  なお私の大好きな句に
 竹筧二三升流水      (ちく)(けん) 二三升の流水
 松窓七五片閑雲      松窓 七五片の閑雲
というのがあるが、この二句で「知足」の意味を味到していただきたいものである。 
 
芳賀幸四郎(人間禅師家)『新版一行物―禅語の茶掛―』上巻より
                                     人間禅

 
プリンタ用画面
前
今月の禅語 平成二十四年十一月分
カテゴリートップ
今月の禅語
次
今月の禅語 平成二十四年九月分