人間禅道場

〒272-0827
千葉県市川市国府台6-1-16
TEL 047-373-7572
●北総線矢切駅徒歩5分
メインメニュー
ブログ
検索
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

ブログ - 第343回坐忘会

第343回坐忘会

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅道場 2019/11/18 17:30

第343回 坐忘会


 開催日:令和元年11月17日(日)  場 所:本部道場南寮

 参加者:10名  投句者:5名   投句数:100句
 

 寒さが確かなものになりました。

 今回の兼題は冬の季語「初時雨」「牡丹鍋」「山茶花」

 久々、祖芳さんの投句がありました。最高得点者は幽水さんでした。

 参加者が互いに選句した結果、各自の高得点句を紹介します。(順不同)


 初時雨鴉は暗き田に紛る            幽 谷先生


 神田あんこう鍋

 伊勢源ののれんをくぐる初しぐれ        竜 穏

 初時雨密かに木の葉色増して          桃 雲


 誉められて猫に物云う冬帽子          蕉 山

 夜業なり衛士の提げる鍵の音          祖 芳


 山茶花や老いて悔いなきこの十年        蜂 生

 地獄の門暗し欅の冬紅葉            義 幸


 墨流る白木卒塔婆初時雨            温 雄

 錆包丁研ぐや軒下初時雨※           幽 水


 贈られし柿の熟すを待つ夕べ          道 妙

 歳時記を忘れし旅よ秋惜しむ          慈 啓

 

  六角堂磯菊繁り波の音             元 山

 本宅を守る暮らしに初時雨           妙 珠


 猪鍋や黒びかりする中柱            玄 妙

 初時雨襟掻合せ小走りに            眞 澄


※最高得点句(先生除く) 次回兼題「冬麗」「寒燈」「蜜柑」

(桃雲記)

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (41)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://keiyo.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/800