人間禅道場

〒272-0827
千葉県市川市国府台6-1-16
TEL 047-373-7572
●北総線矢切駅徒歩5分
メインメニュー
ブログ
検索
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

ブログ - 承前「座布団一枚取ってください!」

承前「座布団一枚取ってください!」

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅道場 2018/9/19 12:31

前回、年一回座布団を乾燥することをお話したが、実施予定が遅れて、やっと昨日(9月17日)、業者が来山し、作業員が乾燥機搭載のトラック数台を駐車場に持ち込み、作業となった。

 丁度この時に、耳順会が開かれた。幸いにも、座る人数分の座布団は乾燥済みで、支障はなかった。しかし、本堂内片側には、まだ、これから乾燥させる蒲団、毛布などが積まれていたので、空いている部分を坐る場所とした。従い、聖司の位置は、本来の壁際ではなく、部屋の真ん中となったわけ。座布団は余熱で暖かく、頭寒足熱ならぬ、頭寒尻熱の状態で坐ったが、居眠りの人はなかったようだ。座禅の後、座布団は乾燥が全部終わり、玄関に持ち込まれていたので、全員で二階へ持ち上げ、収納した。前回述べたように、やはり中身の熱膨張があり、押し込むような形で所定場所へ納めたのである。

 なお、「布団」は「蒲団」とも書くが、水原秋櫻子編『俳句歳時記』によると、冬の季語で、「語源は、蒲(がま)の葉で編み座禅などに用いる円座からきているので「蒲団」と書くのであるが、近ごろは当て字で「布団」とも書くようになった。」とのことである。「座布団一枚取ってください!」 は、禅堂のほうが「笑点」よりも、歴史的には、ご縁が深そうだ。                                                                                                         

幽水

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (35)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://keiyo.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/738