人間禅道場

〒272-0827
千葉県市川市国府台6-1-16
TEL 047-373-7572
●北総線矢切駅徒歩5分
メインメニュー
ブログ
検索
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

ブログ - 「座布団一枚取ってください!」

「座布団一枚取ってください!」

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅道場 2018/9/5 11:28

先ごろ、落語の桂歌丸師匠が亡くなったが、「笑点」で長く司会を務められた。御存じのように、大喜利では、司会が問題を出し、機転の利いた回答には、「座布団一枚上げてください!」、ひどい答の時は「取ってください!」と言って、増減する回答者の座布団が、脇役ながら、視聴者の笑いを誘う大きな役割を果たしている。

座禅でも、座布団は、縁ならぬ尻の下で、目立たないながらも大事なものだ。脚を結跏または半跏に組んだとき、そのままでは、不安定であり、尻の下には、半分に折り重ねた座布団を、通常二枚敷く。しかし、脚の長さや状態あるいは体形によって座布団を増減するのである。そういうわけで、不慣れな人の指導のとき、「一枚取ってください!」が出ることがある。
 詳しくは、立田英山老大師の『数息観のすすめ』にある「臀の下の蒲団の高さを加減することを面倒がってはいけません。でないと、坐禅が長つづきしないばかりでなく、どこか筋肉の収縮に不平均があって、知らず知らずのうちに上半身が揺れだしたり、病気を誘発することがあります。」の前後をお読みいただきたい。
 座布団も使っていると汚れてくる。道場では、毎年一度八月後半から九月初めごろにカバーを洗い、数百枚の座布団は業者に出して乾燥させている。現在搬出などの作業中だ。戻ってくると、中身が膨張して、元のカバーからはみ出るものもあるが-----              

幽水
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (87)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://keiyo.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/737