人間禅本部道場

〒272-0827
千葉県市川市国府台6-1-16
TEL 047-373-7572
●北総線矢切駅徒歩5分
メインメニュー
ブログ
検索
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

ブログ - 青年部ブログリレー(第5走者)

青年部ブログリレー(第5走者)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅道場 2017/9/21 14:41
みなさん、ごきげんよう!
青年部ブログリレー監督の玉道です。早いもので、もう今年も残り数カ月ですね。悔いのないように過ごしたいと思う次第です。数息観を深めることは容易ではありませんが、毎日精一杯がんばりましょう!

リレーのバトンは第5走者の村上得道居士(中央支部所属)に渡りました。
彼は、青年部のラストサムライの一人であります。永年の武道修行を経て、現在は、宏道会でともに稽古する仲間です。12月30日に、小野派一刀流の遍稽古で10時間の立ち切り稽古を行います。元太刀は、3人立ちますが、その内の一人が、得道兄貴で、小生も立ちます。そこに向けての稽古も、一緒にがんばっておりますので、みなさんも応援よろしくお願い致します。
 


こんにちは。得道と申します。


現在、中央支部に所属して、坐禅と剣道の修行をしています。私が坐禅の修行をするようになったのは「宏道会」の剣道がきっかけです。


私は「宏道会」という団体で剣道を学んでいるのですが。この宏道会は、一般的な剣道の道場とはやや趣が異なり、稽古の前に必ず30分の坐禅をしてから剣道の稽古をしています。宏道会で剣道を学び始めたことで自然と坐禅を日常的に行うようになりました。


宏道会の剣道は、強い気と気のぶつかり合いの稽古が特徴です。先生方との稽古では練度に応じた技の巧拙は仕方ないとして、少なくとも気迫だけは目一杯に出せるようにならないと、そもそも稽古が成り立ちません。そして、先生方のほとんどが剣と禅を併修されていて、精神面の修行にも余念がない。。。


ということで、「これは坐禅の修行もしないとダメだな・・・」と思い至り、人間禅に入会して坐禅の修行を開始しました。


では坐禅の修行を始めて、「どうだったか?」、「どの位効果があったのか?」というと、入会して1年数ヶ月の現在の所感としては、「やればやっただけ」というのが率直な感想です。


浅くやれば浅くやっただけの、深くやれば深くやっただけの、ものがあると思います。私の場合は、「心の落ち着き場所」と「自然と同調する心地良さ」を確りと感じられるようになりました。劇的に何かが変わったというものではありませんが、自分が望む良い方向に着実に進んでいる手ごたえは感じています。


ちなみに、私が使っている、剣道の面下に被る手拭いには、故小川忠太郎先生が揮毫された書を写し取ったもので「百錬自得」と書いてあります。この言葉は修行の要諦をズバリと示して、言い得て妙だということにこの文章を書いていて気が付きました。本当に自分の力になるものは、「一錬」や「二錬」では得られないこと、また、他人に教えてもらったことは結局身につかず「自得」する以外には方法はないということですよね。「倦まずに自得できるまで続けなさい」、と励ましていただいていると理解しました。お互いに倦まずに進んでいきましょう!


最後に坐禅に興味を持たれた方へ、


坐禅も最初は足が痺れて苦痛だとおもいますが、否応なく続けていると、足の痺れもあまり気にならなくなり、「ああ、落ち着くなー」と思える位にはそれほど時間がかからずにいけると思います。


坐禅に興味を持たれた方は、毎日5分でも10分でもゆったり気持ちを落ち着かせる時間を持つことを大事にすると良いと思います。そのうち、「あー、落ち着くなー」というところにいき、その後は自然に時間も伸びていくでしょうし、「自得」できるものが1つ、2つと出てきて、その楽しみが励みになって続けていけるようになると思います。(楽しくなるまで続けるのがポイントです)


それと、たまには坐禅会のような会に参加してモチベーションを維持することも大事だと思います。一人だとなかなか続けづらいですから。


坐禅会に興味のある方はHPに定期的にご案内が出ますのでどうぞご確認ください。宜しかったら一緒に坐禅をしましょう!


 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (129)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://keiyo.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/691