人間禅本部道場

〒272-0827
千葉県市川市国府台6-1-16
TEL 047-373-7572
●北総線矢切駅徒歩5分
メインメニュー
ブログ
検索
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

ブログ - 青年部ブログリレー(第3走者)

青年部ブログリレー(第3走者)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅道場 2017/9/8 10:03
みなさん、ごきげんよう!
青年部ブログリレー監督の玉道です。
ブログリレーのバトンは第3走者の、富嶽隊員に渡りました。
富嶽隊員は、本部道場に住み込みながら、社会人として仕事を全うしている漢です!
かくいう私も、数年前に4年ほど、塾生としてお世話になりました。また、その話も機会があればしたいと思います。では、富嶽隊員よろしく!
 

本部五葉塾塾生の岩村富嶽です。
 
一般の方はご存知ないでしょうが、人間禅には寮があって、塾生になって寮生活を送ることができます。
 
普段ホームページなどでは案内していないので、今回はこの寮生活について少しお話したいと思います。
 
実はこの塾制度、歴史は古く、昔は八王子にもありました。今の古参の先輩方の多くは塾生として修行された先輩は数多いです。
 
今は本部付属の剣道場の一室が寮になっており、僕と石水さんの2名が寮生活をしています。
 
本来は学生の為の、という趣旨が強かったた思われますが、僕も石水さんもとうに社会人でありかつ年齢も40を越えているのですが‥
 
まぁ、僕個人としては楽しく塾生活を送らせて頂いております。
 
生活としては月曜から金曜まで朝6時から一炷香坐り、金曜の晩は擇木道場にて坐禅会参加。所属支部の行事や人間禅の行事には積極的に参加することが求められます。
 
本来は帰寮後に一炷香坐るってのがあるのですが、社会人だとなかなかそこまでできないので、朝坐禅は欠かさず参加をしています。
 
毎朝5時半には起床するので、夜は12時前には寝ないと身体がもたないのですが、この早寝早起きの習慣をいかにつけるかというのは塾生活の最も大事な部分です。
 
基本朝型の生活になり、テレビも観ない生活になるので慣れるまでは大変ですが、慣れてくると生活リズムが安定して気持ちの良い毎日を送ることができます。
 
坐禅に興味があるけどなかなか継続できなくて悩んでいる方は、塾生になるって方法もありますのでもしよかったら検討してみて下さい。
 
ちなみに、男性でないと入寮はできません。
 
別に女性蔑視というわけではないのですが、単純に寮に別室が設けられておらずそのスペースの確保まではまわないためなのでご容赦下さい。
 
寮生活に興味があれば、何なりとお問い合わせを。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (87)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://keiyo.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/688