人間禅本部道場

〒272-0827
千葉県市川市国府台6-1-16
TEL 047-373-7572
●北総線矢切駅徒歩5分
メインメニュー
ブログ
検索
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

ブログ - 最新エントリー

<参加者> 佐瀬師範、栗山師範、無刀先生、清巌先生、坂本先生 他10
<内容> 小野派一刀流 型稽古
     防具稽古(切り返し、掛かり稽古、地稽古)

今日はとても参加者が多く、蒸し暑い中にも関わらず気合溢れる稽古でした。これぞ宏道会という感がしました。
栗山師範「宏道会の剣道には発散と集中がある。全力を出し切って発散するから、本当に仲良くなれる。」
佐瀬師範「525日(金)日暮里の択木道場で剣書勉強会があり、小川忠太郎先生の著書を勉強するから、宏道会の会員はなるべく都合をつけて参加するように。」
みんなの感想も今日の稽古は全体がとても気合が入っていて、良かったという内容が多かったです。次も精進しましょう。
玉道 記

 
 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (19)
みなさん ごきげんよう!
青年部ブログリレー監督の玉道です。

新年度が始まりましたね。残念ながら桜は今日の嵐で散ってしまいそうですが。新しい年度に気持ちも新たにがんばりましょう。
さあ久々のブログリレーですが、満を持して小生の実姉が登場です。二女の母で働く逞しい女性であります。ではどうぞ!

こんにちは!四日市禅会の芳光です。
学生時代に禅に入門、大学が教員養成課程でしたので、紆余曲折の末、15年前から三重県津市久居新町で地域の小さな公文教室を引継ぎ、今に至っています。
現在、前任の70歳を超える元気なお婆ちゃん先生と保護者兼スタッフ、学生スタッフを雇い、生徒数45名ほどの小さな教室を維持しながら、教室日以外を、託児所、学童保育、小学校の非常勤講師と、子供の成長にあわせて仕事形態を変えながらwワークで、二人の女児を育児中の母の一人です。
まさに流行りの非正規労働者!? 好奇心の赴くまま、休みには摂心会などに家族で参加してリフレッシュ、単なる旅行などと違い帰宅後も、しばらくは、実生活にメリハリが続く(禅の余韻でしょうか…)ことも、子育てと仕事でバタバタの毎日の生活の中で、細々と坐禅を継続できる要因ではないかと実感しています。
さて、啓蟄間近、うららかな春の日、3/3のひな祭り、我が家は娘がふたり、まだ小学生ということで、津市内の結城神社の名物、枝垂れ梅を拝観しがてら、日本三大観音の一つ(ご存じでしたか!?)恵日山観音寺周辺の商店街で催されているお雛祭りに行ってきました。かつては津の中心地だった商店街にしてはちょっと寂しかったかな…。本当に日本は一極集中の国ですね。
節目の行事の過ごし方も、本当に人それぞれ、自由な世の中ですが、自分にとって、二度とは戻らない365日のうちの一日であるという事実を自覚し、毎日、無事に、悔いなく過ごしたいですね。
三重四日市禅会では、年に数回、宿泊坐禅体験会を予定しています。会場は四日市少年自然の家という、親子参加者にも嬉しい環境で坐禅体験ができます!もちろん老若男女問わず初心者大歓迎‼都会に疲れた方、是非、大自然に包まれて、一緒に坐ってリフレッシュしてみませんか!?(ちょっと遠いですが…)湯の山温泉、御在所ロープウェイも近いですよ!ぜひ、名古屋禅会のHPを時々覗いてみて下さいね‼

http://nagoya.ningenzen.jp/
https://www.facebook.com/nagoya.ningenzen/

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (62)

怪我の功名~船橋静坐会だより~

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅道場 2018/4/1 11:40

船橋の静坐会で使っている公民館は、抽選がなかなか激戦です。

先日いつも使っている和室が満杯で他の部屋を使った時がありました。

メンバーの一人S居士が私に

「おかげで背骨の曲がっているのがガラスに写り、自分で矯正できました」

と言うのです。

私は思わず、「それはよかったですね」と言いました。

後で考えると私は希望の部屋が当たらず申し訳ない気分でしたが、幾分これで救われた気持ちになったことは事実です。

 

※船橋静坐会は、原則毎月の第2・3・4木曜日(2018年4月は5日、12日、19日に例会を実施)1930分~2040分まで、JR津田沼駅から徒歩約2分(パルコ裏)の船橋東部公民館3階 第一和室にて例会を実施しています。

会社帰りやお近くの方で坐禅に興味のある方は、どうぞご参加をお待ちしております。初めての方でも大丈夫です。

 

栗原道妙 記

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (57)

宏道会の春稽古が始まりました!!

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅道場 2018/3/28 20:30
今日(328日)から春稽古が始まりました。
朝の5時半から645分まで、大人14名、子供8名で、初日の稽古を行いました。
最初に静坐を20分した後、法定の木刀(普通の木刀の2くらいの重さなんです!!)を使って、呼吸法と打ち込みを10分。
その後、切り返しと素振りを30分するという内容でした。
宏道会の稽古は剣道を真面目にしていますが、剣道の上達が最終目標ではなく、人間形成を目標に剣道をしている道場です。師範の先生がいちばん早く道場に来て静坐をしているのに、今日も自分は寝坊してギリギリで道場に入ってしまい剣道以前にそこから変えていかねばと最初から躓きました^^;
ですが、大勢で稽古をしているうちに気合が自然と入ってきて最後は気持ちよく終われました。ただ、師範の稽古終わりのお言葉は、まだまだ気合が足りないとのこと。残りの2日間もっと頑張らねば!

早朝稽古は平日に行うので、仕事や学校の都合で途中で抜けたりすることもできます。
ご興味を持たれた方は是非一緒にやりましょう!
ご参加をお待ちしています。
 
魁星記
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (62)

市川青年部座禅会の中島魁星です。


今日は剣道の稽古について書きたいと思います。
 

人間禅では、技芸道も合わせて修行(愛好)される方が多く、茶道や書道、陶芸、俳句、詩吟、また人間禅道場付属の剣道場では、剣道、空手、太極拳、ヨガ、エアロビクスなど、さまざまな習い事が出来ます。
 

私はその中でも宏道会(剣道部)と茶道部に所属して稽古をしています。
 

さて、今日(日曜)の稽古には大人と子ども合わせて22人も集まり、道場いっぱい使って、活気のある稽古になりました。
 

参加者は、近隣に住む会員が大半ですが、毎週、茨城や栃木から1時間以上かけて稽古に来られる方もいます。また、転勤などで地方に行かれた方も貴重な休みを利用して宏道会の稽古に来る方もおられます。
 

今回も、転勤で広島県に行かれたIさんと、転勤で新潟に行かれたYさんが来て一緒に汗を流されていきました。お元気そうな顔を見ることができたのでとても嬉しく、また自分の稽古にも気合が入りました。
 

今日は鹿児島に新しい座禅道場(人間禅鹿児島支部)が設立されるということで、普段稽古をつけてくれる先生方は鹿児島に「法定の形」の稽古を教えに行かれたため、先生2人に対して会員20人を教える稽古でした。宏道会は指導できる先生が多いため、誰かがいつも稽古をつけてくださいます。
 

春になり、新入会員が来る時期になり、今日もOさん親子が入会されるとのこと。仲間が増えるのは、凄く嬉しいものです。
 

328日(水)~30日(金)は剣道の春稽古があります。
 

早朝5時半から645分まで、剣道の基本である「切り返し」をします。
 

普段お忙しくてなかなか参加できない方、道場から足が遠のいていた方こそ、是非ご参加をお待ちしています(^^)/
 

早起きは辛いけど、その何倍も得るものがあると思いますよ。
 

魁星記 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (80)

<参加者> 無刀先生、清巌先生、他10
<内容> 小野派一刀流 型稽古
     防具稽古(切り返し、掛かり稽古、地稽古)

今日は祝日のためか、参加者が多くとても気合の入った熱気ある稽古でした。久しぶりに来た中高生に対し、無刀先生からは「剣道では勉強では身につかない肚をつくることができる。社会に出てから本当に役に立つのはこの肚である。」
清巌先生からは「剣道をやる人はぜひ摂心会に1日でも半日でも参加して坐禅すると良いですよ。」との話がありました。
私は息を吐き切ることを意識して稽古しましたが、少し気が下に下がったように思いました。次も頑張りまっす。  玉道 記

 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (93)

有楽流茶稽古(3月19日(月))

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅道場 2018/3/20 0:41
玉道なり。
 
有楽流の茶稽古に行ってきました。
妙珠先生には遅い時間にも拘わらず、ご指導いただいて感謝です。
今日は久々に濃茶をたてました。濃茶はガツンと来ておいしゅうございますね。ホッと一息お茶タイムを過ごしました。
 
「兵馬こうそうの間に得らるる僅かの暇を利用して、時間を超越した悠久の自己に悟入すべく、その一挙手一投足にも心のおちつきを宿す」
 
このようにありたいものです。はい。
 
 
<花> 貝母  玉の浦
<掛け軸> 「無事」    磨甎庵劫石老師 
 
 
  
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (80)

千鈞庵老師のご教導により、若手が主体となって営弁する一泊座禅会。回を重ねるごとに充実していき、第11回を迎えた今回は直日(富嶽居士)自ら積極的に知り合いに声をかけて6名(男性2名、女性4名)の新到者が参加しました。
 
 

 そのうち3名の新到者から感想が寄せられましたので紹介します。
 
感想① 五感で感じることが大切
「自然の素敵な道場での夜~朝にかけての座禅会は、日頃味わえない凛とした空気での座禅と、ほのぼのした懇親会、お茶会で、和を満喫できました。


老師からの話を聞き、感じることを大切にしたいと思った。

いろんなことを味わえた座禅会でした。

また、参加したいです」

やっこなあ(^_^)さんより
 
感想② 自分を変えるきっかけに
「座禅は生き抜く力をつける方法の一つではないでしょうか? 坊さんがやること、一部のスピリチュアルに興味がある人がやることだと思われがちですが、便利快適が当たり前ではないことを知るチャンスだと思います。


今回の座禅会の体験は冬。暖房があるとはいえ寒かった~。でも、ものの一時間だけの話。震災の状況下なら春まで続くこと。そんな時に文句ばかり言っている自分でいたくないから、時々参加しようかなと思いました」


よこたんさんより
 

朝起きて、洗面前にみんなで禅堂を掃き掃除

感想③ 息を数えて観えたもの

「最初来るとき場所がわからず、駅前の交番に聞いてお巡りさんが、近くまで一緒に行ってくれました。


座禅は、初めて体験しました。
『無意識』が簡単にみえて一番難しく、色々な『気持ち』がどうしても思い浮かんでしまいます。


それでもやり続けているうちにしばらく時間がたつと、頭の中は私が感じた意識では、『周りの音』も聞こえていますが、『風の冷たさ』も感じてはいますが、『思い浮かべるもの』が何もなくなり、頭の中はただただ真っ暗な色というか暗闇を眺めている感じでした。


座禅のあとの懇親会は、野菜を沢山食べて久しぶりにご飯を食べながら会話ができて栄養もとれて嬉しかったです。


そのあと、一緒に参加した女性参加者の方たちと3人『川の字』で寝ました。夜通し沢山お話しして、修学旅行みたいで楽しかったです。


お部屋は、普段暖かい部屋に慣れていたので少し寒かったですが、毎日その部屋で過ごして座禅して、剣道して、精神が鍛えられそうでした」


清水恵利さんより


朝の茶席風景。老師を囲んで歓談のひととき
 

 次回は、6月9日(土)夕方~10日(日)朝10時頃まで開催予定です。道場は、くちなしの花の香りが漂っていることでしょう。


このブログを読んで、自分も参加してみようかなぁと思ったかた、お待ちしております。座禅を始めてみませんか?
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (151)

The year's at the spring. 時は春

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
人間禅道場 2018/2/14 5:00

 
与謝蕪村の句に、

朝日さす老師が家や福寿草

というのがある。
そういえば、自宅の庭に咲く福寿草の鮮やかな花色に気づく冬の寒い朝は、毎年朝日がさしていたように思う。

「氷を突き破って花を開く」というこの花も、少しでも冬の冷気が花から入り込まないよう、日中でも陽があたる中で開き、陽がかげると花を閉じて身を守っているのだそうだ。

この花の開花から、寒中の春の知らせと訪れが続く。
フキノトウが落ち葉を押し退けてうす緑色のつぼみで顔を出す。
梅の花がほころんで、香を放つ。
木蓮、辛夷(こぶし)がつぼみをたたえ、日一日とふくよかになっていく。

昨夜、庭のフキノトウを天ぷらにして春の息吹きをいただいた。
そのせいだろうか、天土のしわざだろうか、なにやら私の中でうごめくものがある。

身が息吹く、思いも息吹く、時は春。



徳利山
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (129)
平成30121日(日)、千葉県市川市国府台にある宏道会剣道場において
同会の名誉師範、無得庵小川刀耕老居士(剣道範士九段 小川忠太郎先生)
の二十七回忌を追憶尋思する「刀耕忌」(第10回)が開催されました。


小川先生の命日は、平成4129日ですが、都合によりこの日に行われ
ました。
師を慕う門弟はじめ、関係者が大勢参列し、宏道会の少年少女
剣士から大人の会員による気合いの入った稽古、直心影流「法定の形」、
小野派一刀流、無刀流の奉納演武の後、小川先生の郷里熊谷へ墓参し、
先生ゆかりの店「大正亭」にて鰻を食べながら小川先生を偲びました。


参加された風斗碧さんより当日の様子を描いた作品が寄稿されましたの
でご紹介します。(剣外記)






 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (382)